dr-machida.com
足と靴の医学 / 整形外科医師 : 町田英一

Ledderhose’s  disease_photo_fibroma_47f_web.jpg
Ledderhose病、足底線維腫
に関する質問集

(リーダーホーゼ びょう、そくていせんいしゅ) 

リーダーホーゼ病とは?
“Dupytren_photo" リーダーホーゼ病
 リーダーホーゼ病 (足底線維腫) は足底筋膜の周囲に発生する良性腫瘍です。足の裏の土踏まずにやや硬い固まりとして触れます。良性腫瘍ですから本人が気づいてから数ヵ月、数年掛かって徐々に大きくなります。母趾を持ち上げると目立ちます。触った感じは固く感じます。
“Dupytren_photo" デュピュイトラン病
 左の写真は手のデュピュイトラン病で小指が伸び難くなっています。

 リーダーホーゼ病は手のデュピュイトラン病と似ているので、足のデュピュイトラン病と言われます。Georg Lederhose (ギオーク・リーダーホーゼ) ( 1894 ドイツ ) からリーダーホーゼ病と呼ばれます。

 ただし、リーダーホーゼ病は指が伸びなくなることは少なく、立った時に足の裏にコブを感じる程なので、手術せずにオーダーメイドの厚いインソールをお勧めしています。

デュピュイトラン病は小指と薬指に多いのですがリーダーホーゼ病は逆に母趾側の土踏まずに多く発生します。
病名英語名部位
リーダーホーゼ病Ledderhose’s disease足底
デュピュイトラン病Dupuytren’s disease手掌
ペイロニー病Peyronie’s disease陰茎
ナックル・パッド線維腫knuckle pad fibroma手背、手拳


リーダーホーゼ病の原因はなんですか?
リーダーホーゼ病_写真  原因は不明です。リーダーホーゼ病 は両足に見られる事も多いです。線維腫は皮下にできる良性腫瘍で足底以外にもカラダのどこにでもできます。


リーダーホーゼ病の検査は?
fibroma_mri_web.jpg  リーダーホーゼ病はX線写真では見えませんが MRIで見えます。診断を確実に行うために念のためにMRIを行うこともあります。


リーダーホーゼ病の治療は?
“インソール写真"  当院では厚いオーダー・インソールを作ります。薄いインソールでは効果が薄いのでお勧めしません。


リーダーホーゼ病の手術は?
 手術で細胞の検査、生検検査をする事もあります。診断が確実であれば良性腫瘍なので生活に支障が出ない限り切除手術は不要です。

 稀に母趾の動きが悪くなります。手術をした例が報告されています。


リーダーホーゼ病の文献は?
Ledderhose G. Über zerreisungen der plantarfascie. Arch Klin Chir. 1894;48:853–856
Georg Lederhose (ギオーク・リーダーホーゼ 1855年 – 1925年 ドイツ) https://de.wikipedia.org/wiki/Georg_Ledderhose ドイツ語 Wiki

Classen DA, Hurst LN. Plantar fibromatosis and bilateral flexion contractures: a review of the literature. Ann Plast Surg. 1992;28(5):475–478.

畑中 渉, 母趾に屈曲拘縮をきたした足底線維腫症の1例,整形外科,59,(第4号),405-407, 2008
注) 屈曲拘縮、つまり母趾が曲がったまま動かなくなった例に手術をした報告です。この例はデュピュイトラン拘縮の手術も受けていました。

ホームに戻る